必要な書類

廃車するために必要な書類について


廃車をする場合、手続きに必要な書類があります。廃車手続きの種類によって異なってきますので、注意するようにしましょう。

まず、永久抹消です。自動車を解体してしまっていたり、自動車が壊れてしまって使用できなくなった場合などに行います。店に廃車の手続きを依頼をする場合と、自分で行う場合では必要な書類が変わってきます。

店に廃車の手続きを依頼をする場合は、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレートです。自分で手続きを行う場合は、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税、自動車取得税申告書が必要になってきます。どちらの場合であっても、印鑑証明書の実印を、委任状に押印するようにします。

一時抹消で廃車する場合も、必要書類が異なってきます。店に廃車の手続きを依頼をする場合は、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレートです。自分で手続きを行う場合は、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、手数料納付書、一時抹消登録申請書、自動車税、自動車取得税申告書が必要になります。どちらの場合であっても、印鑑証明書の実印を、委任状に押印することになります。

また、車検証記載の所有者の住所、氏名が印鑑証明書と異なっている場合は、住所に関しては住民票、氏名に関しては戸籍謄本も必要になってきます。自動車が盗難されて一時抹消する場合は、ナンバーを書いたメモ、車台番号を書いたメモ、申請者の身分証明書、登録事項等証明書交付請求書が必要になってきます。身分証明書は、運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。

一時抹消を届け出た後に解体をする場合も、書類が必要です。店に手続きを依頼をする場合と、自分で手続きをする場合では異なってきます。店に届け出る場合は、所有者の委任状、登録識別情報通知書が必要です。

また、自分で手続を行う場合は、所有者の委任状、登録識別情報等通知書、手数料納付書、永久抹消登録申請書が必要になってきます。この委任状に押印する印鑑は実印である必要はありません。認め印でよいです。その他、車検が1ヶ月以上残っている場合は、重量税が戻ってきますので、重量税還付金の受領権限に関する委任状が必要になってきます。

このように、廃車の手続きのために必要になる書類は、様々なものがあります。どのような形で廃車にするかによっても、異なってきますので、注意するようにしましょう。”