廃車手続きで車検証

廃車手続きで車検証が必要になるのはいつ?


自動車を利用するというような場合には、必ず指定された期日までに車検を受ける必要があります。

車検の中ではその自動車の部品が全て確認されることとなっており、部品が壊れている、もしくは壊れそうな状態にあるというような場合には、それを修理しなくては利用することができません。

車検の中で問題がない、または問題個所を修理したというような場合には車検証が発行されることとなるのですが、この証明書は法律で自動車の中に保管することが求められます。

これによって自動車がトラブルを起こした際、迅速に情報を照会することができるようになっているのです。

また自動車の名義人や登録時期などを証明する書類にもなっていますから、自動車の権利を移動させるような取引が行われる際には、必ず利用されることとなります。

これは廃車手続きを行うという場合も変わりません。

自動車を廃車にするには、その廃車手続きを本人が行うか、本人から指定された代理人が行う必要があります。

そしてその「本人とは誰なのか」ということを証明するため、車検証が用いられるのです。

では廃車手続きの中で車検証がいつ必要になるのかというと、基本的に本人で手続きを行う場合には陸運局に対して書類を提出する際、業者を代理人として手続きを代行してもらう場合には、廃車を業者に引き渡した際ということになっています。

本人で行う場合、書類に必要事項を記入していく際に車検証に記載されている情報が必要になりますから、書類に記入するという段階ですぐに利用できるように準備しておくとスムーズになります。

こうした証明書は原則として紛失せず、厳重に保管しておくものなのですが、中にはこれを紛失してしまったという人がいるのも事実です。

ではこういった場合はどうすればよいのかというと、これは再発行の手続きが必要になります。

この再発行も陸運局で行うのですが、その際には陸運局で販売されている申請書と手数料納付書、なぜ紛失したのかという理由を記した理由書、印鑑と住民票が必要になります。

この手続きを行うことで再発行をしてもらえるのですが、もし後日になって紛失していたものが見つかったというのであれば、新たに発行された分は返納しなくてはなりませんので忘れないようにしましょう。
廃車手続きを完了させるには車検証がなくてはなりませんし、そもそも自動車を利用する間は常に携帯しなくてはならないものとなっています。
必要な時になってあわてないように、事前に状態を確認しておくように心がけましょう。”