廃車すると車庫証明

廃車すると車庫証明が取れるようになります


自動車を廃車して、登録を抹消すると、今まで利用していた車庫が空く事になります。この為に新しい車の車庫証明をその書庫で申請できるようになります。

しかしこのときに気をつけなければならないのは、車庫証明を管理しているのは管轄の警察署で、自動車の登録を管理している陸運局や軽自動車協会とは情報を共有していないと言う事です。

この為に自動車を廃車して、登録を抹消してもそのことは警察署には何の連絡もなく、既に車は抹消登録したので、車庫が空き、新しい車の書庫として利用したいと申し出ても、それだけでは駄目で、元々の自動車の廃車を証明する公的な書類やそのコピーを添付して申請する必要があります。この時に提出する書類としては、廃車後にでる一時抹消登録証明書のコピーなどが一般的です。

一時抹消登録証明書は自動車を再利用する事を前提にした。一時的な抹消登録で、再登録する為の書類として一時抹消登録証明書が発行されます。一時抹消登録証明書は再交付できない証明書なので、決してなくさないように気をつけて保管します。

また警察署へ車庫の入れ替えの為に添付するときはコピーを添付します。ところが廃車して自動車を解体してしまったときには、一時抹消ではなく、永久抹消、あるいは解体抹消と呼ばれえる登録をすることになりますが、この永久抹消をしたときには一時抹消登録とは違い登録証明書が出ません。このために車庫の入れ替えを行うようなときには何か別の証明書を交付してもらう必要があります。

それは登録事項証明書という書類です。登録事項証明には新車登録からその後の変更登録をすべて記録したものと、現在どうなっているかだけを記録した物があり、この際に必要となるので現在の登録だけを載せた物で、現在登録証明とも呼ばれます。

永久抹消したときに申請しておくと車庫の入れ替えや期間の残った自賠責保険の解約、あるいは任意保険の中断証明書の発行などに利用できますので、特に必要がないと思っても発行しておくと色々と便利にあるに使えると思います。またそういう申請にはすべて本書でなくコピーでかまわないので、一枚だけ交付しておくと十分です。

また新車の登録と今までの自動車の廃車が前後してしまう事がありますが、この際にはその事情を書いて提出する誓約書がありますので、まだ自動車の解体が出来ていない場合でも、新しい車の書庫証明の申請が出来るようになっています。廃車が出来たらその後になってからでいいので、抹消証明書のコピーなどを提出します。”